30分でマスターする|SketchUpで初めての3Dモデリング

投稿日: カテゴリー: design

3Dモデリング初心者にはもってこいの無料ソフト「SketchUp」について解説します。


なんでSketchUpなの?

操作の難易度が圧倒的に低いので建築などの単調な造形物にはもってこいのソフトです。

またネットの参考文献も豊富で、拡張機能もごろごろ転がっているので独学でも相当なレベルのものを作れます。


コレさえ覚えれば後は応用するだけ!

ここではややこしい操作はすっ飛ばしてとりあえず床、壁、屋根が建てられる操作を習得してほしい。

コレさえ覚えたらあとは自分で応用したり様々なコマンドを試して覚えるのが一番早い。

 

1.平面を描く

名称未設定-1

まずは基本となる平面を書く操作。左から3番目のアイコンで四角形をかける。

2番目のアイコンを使うと自由な図形がかけるのでそれもためしてみるといい。

 

名称未設定-2

始点をクリックした後寸法を入力すればその通りの図面がかける。

この操作はどの図形を描くときにも行われるので覚えておく。

 

2.立体化する

名称未設定-3

図形をそのまま上に引き伸ばしたように立体化する。

この操作がSketchUpで立体を作る際の基本である。

名称未設定-4

これで立体が出来上がった。

しかしこのままだと面や線がばらばらの状態で複数図形を扱ったりする際非常に面倒くさい。

 

3.グループ化する

名称未設定-5

絶対に忘れてはいけないのがこの「グループを作成」である。

これで面と線がバラけたりするのを防ぐ。

 

4.図形を移動、回転させる。

名称未設定-6

図形を移動してみよう。

例によって始点をクリックした後数値入力でその距離だけ移動する。名称未設定-7

図形の回転は始点をクリックするときの面の方向によって回転方向が変わります。

点の場合も微調整で変更できます。

 




 


少し応用してみよう

1〜4が操作の根底でこれらを応用していけば色々な図形が作れる

ここまでくれば得意な人だともう色々試してほぼマスターしているかもしれませんが

ここではいくつかほかの操作も紹介しておきます。

6.図形の変形

名称未設定-8

図形の変形はグループ化された図形のままではできません。

ダブルクリックして図形を編集モードにしてから操作しよう。

 

名称未設定-9

こんな感じに。

始点で点や、面をクリックするとその部分が移動する形になります。

 

 

7.マテリアルの貼り付け

スクリーンショット 2016-09-02 23.05.50

ウインドウ→マテリアルでマテリアルウインドウを開き、

好きな質感を選んで図形をクリックで塗りつぶしが出来る。


 




 

基本はコレだけ!

ここまでいじっているとそろそろコツを掴んできたのではないでしょうか。

一番上達が早いのは目的を持って何か一つつくりあげてしまうことです。

以下こちらの記事も合わせてどうぞ。

誰でもできるSketchUpの建築パースをPhotoshopで加工してイラスト風にする方法

建築学生のポートフォリオ、プレゼンの作り方